カザフスタンにある世界で2番目に大きいチャリン・キャニオン【行き方・場所など】

こんにちは。みつい(@Ryota_023)です!

 

本日の記事は、カザフスタンにある世界で2番目に大きいキャニオンである、「チャリン・キャニオン」の紹介!

 

 

f:id:kapibaramitti:20191025200459j:plain

 

f:id:kapibaramitti:20191025200508j:plain

絶景ばかりで迫力も満点。夜の星空も朝日も最高でした。

 

それでは、早速綴っていきます。

 

カザフスタン南部にあるチャリン・キャニオン

f:id:kapibaramitti:20191025200829j:plain

キャニオンと聞くとまず思い浮かぶのがアメリカにあるグランドキャニオン。

世界一大きいキャニオンとしてとても有名で、あの広大な景色を一度でもいいから見てみたいもの。

 

んで、世界で2番目に大きいキャニオンってどこ?とはならないですが、世界で2番目に大きいキャニオンが中央アジアカザフスタンにあるのです。

 

それが、チャリン・キャニオン

全長80kmにもなるこちらのキャニオンは中央アジアに来たら絶対に行っておきたいところ。

 

アクセス

チャリンキャニオンへの行き方は2つ。

 

1つ目は、ツアーに参加すること。

アルマトイ発の日帰りツアーで行くことが可能。

値段は、6000テンゲ(約3000円)

NICE TRAVELというツアー会社がやっております

HPはこちら→ http://nicetravel.kz/holiday.html

 電話で予約をして完了したらオフィスにお金を支払いに行くというシステム。

 

僕は、キャニオンでキャンプをしたかったのでツアーでは行きませんでした。

 

2つ目は、シェアタクシーとヒッチハイク

 

アルマトイからケゲンまでのシェアタクシーが出ております。

1500テンゲ(500円くらい)

 

 

バス乗り場はこちら。

 

 

 アルマトイ2駅の近く。

 

<注意点>

左の大通りから行くことはできないので少し遠回りして行かないと行けません。

できる限り朝早めに行くことをお勧めします。(到着するのが遅くなると沢山歩く羽目になる。)

 

 

僕は、こちらのバス停に10時すぎくらいに行き、キゲン行きのシェアタクシーを見つけ、先客がいなかったので30分ほど待ちました。

 

そして、2時間半くらいでチャリンキャニオンへの分岐点の道に着きます。

ドライバーに行っておけばそこに近づいたときにもう少しだと教えてくれると思いますが、念のためにグーグルマップかマップスミーをダウンロードしておくことがおすすめ。

 

 

 ここで降ろしてもらいましょう。

 

そして、ここからチャリンキャニオンへ行く車をヒッチハイクor歩きます。

f:id:kapibaramitti:20191025200030j:plain

道中は何もない。そして夏は死ぬほど暑い。

 

夏場だと昼間は40度とかなので車が見つからないとかなり過酷。

僕は、1時間近く歩いていたら車が通りかかって乗せていただけました。

 

f:id:kapibaramitti:20191025201046j:plain

5分くらいで入園するところ?に到着

そして、入園料500テンゲくらい払いました。

 

景色が最高!夜は星も綺麗

僕がついたのは15時くらいでした。

そして、友達が来るとのことでチャリンキャニオンの駐車場で友達を待つことに。

結局、19時頃にきたのでかなり待っていました。

結構暑かったのでしんどかった。

 

そして、ちょうど日の入りを見ることができた。めちゃくちゃ綺麗

 

f:id:kapibaramitti:20191025201447j:plain

イカーやチャリダーがそこらへんでキャンプをしていました。

 

そして僕たちもキャンプをすることに!

 

f:id:kapibaramitti:20191025201546j:plain

景色が広い。

 

周りには何もありません。

 

夜になると星が綺麗だったのですが、上手く撮影することができませんでした。。。

 

f:id:kapibaramitti:20191025201726j:plain

 

 

夜は涼しくて快適に眠ることができました。

動物とかもいなかったし、そこらへんでキャンプをしているバックパッカーも多かったです。

 

そして、翌朝はせっかくなのでキャニオンの下まで降りることに。

 

f:id:kapibaramitti:20191025201854j:plain

日の出に照らされているキャニオンも綺麗。

 

 

f:id:kapibaramitti:20191025202114j:plain

途中、道を間違えたのか結構険しい崖を下って行きました。

怖かった。

 

f:id:kapibaramitti:20191025202228j:plain

下からの景色も綺麗。

 

 

f:id:kapibaramitti:20191025202404j:plain

 

f:id:kapibaramitti:20191025202604j:plain

川の辺りにはいくつかユルタや宿泊施設もありました。

またここでもキャンプをしている人たちはいました。

 

そして、来た道を戻って帰ることに!

 

まずは大きな通りまで行こうと思ったのですが、40度以上あり歩くことは死ぬ気がしたのでヒッチハイクを試みたのですが、なかなか捕まりませんでした。

2時間くらい待ったところ一台の車が行くとのことで、乗せていただきました。

 

そして、大きな通りについてからは簡単にアルマトイへ行くという車を発見!

 

3時間くらいでアルマトイに到着!!

 

無事に帰って来ることができました。

 

 

まとめ

ツアーで行くのが楽ですがキャンプや宿泊することができないのでもし、キャンプをしたい場合は自分で行くことをお勧めします。

また、行きより帰りの方が大変なので覚悟して行ってください。笑

 

夏は死ぬほど暑いので水分補給を怠らずに!

 

 
 
 
View this post on Instagram

中央アジア楽しいい #wecallthishome

A post shared by Mitsui Ryota (@mitsuipatty) on

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では!